カーテンBOX

カーテンBOXの書き方

こんにちは、AKI(soho_cad)です。

今回のカーテンBOXの解説はアルミ型材になります。
曲物でも納まりはほぼ同じです。

アルミカーテンBOXの主なメーカーは

このブログは「三洋工業(株)」製品で書いています。

カーテンBOXと書きましたが、最近はブラインドBOXを書く方が多いです。
違いは上部にカーテンレールがついているかいないかだけです。

サッシとの取合い その1

基本的なブラインドBOXの納まりです。
サッシからの持出し材は15㎜、35㎜、45㎜、60㎜、75㎜、90㎜など
(メーカーによる)
壁厚を参考に決めます。

内部から見た端部納まり

上の納まりを内部から見て端部を書くとこのようになります。
※額縁外-外を小口の押さえにする場合。

サッシとの取合い その2

こちらはサッシのH押さえと天井の高さが同じ場合。
アルミ額縁もつけるのでBOXの高さが違います。

その他 納まり

天井の高さによってサイドカバーをつけたり、
梁のたかさによってはブラケット納まりにします。

建築図を参考にするか、お客さんの指示に従いましょう。

壁との取り合い

BOXのL寸法によっては壁との取り合いが出てきます。
ちゃんと書いておきましょう。
※サッシの上の方にカーテンBOXがつく場合も壁取合いの納まりになります。

カーテンBOX割付

カーテンBOXの割付図を2パターン貼ります。

L寸法が壁内-内の場合

この場合、壁内-内に小口ピッタリつけて割付けていますが、壁がどこまで立ち上がるかによって5~10㎜離す場合もあります。
担当者さんに確認しましょう。

L寸法がサッシW+150+150の場合

この場合、サッシWから150のところがカーテンBOXのL寸法押さえになっています。
伸ばすかわからない時は額縁で小口込みの押さえにしましょう。

カーテンBOXは天井伏図に書いてあることも多いので確認しましょう。