置床

置床(デッキ)の書き方

こんにちは、AKI(soho_cad)です。

金物施工図で置床(おきゆか)を書くことってあまりないかもしれませんが、床EXP.Jなど金物と取り合う事もあるので解説していきます。

今回は最近よく書く「デッキ材」
三洋工業(株)の製品になります。

再生&天然木材製デッキシステム

サニーデッキ
デッキ材の表面にビスや釘を打ち込まずに固定が行える「ノンビス」工法を採用しました。ウッドデッキの美しい質感を損なわずにフロアづくりが行えます。

三洋工業(株)サニーデッキシリーズ

※この記事の図面データをダウンロードする
↓↓↓


置床(デッキ) ダウンロード

デッキ材 キープラン

書く場所が何ヶ所かある場合はKEYPLANが必要です。

置床 書き方

デッキ材 平面割付図

上のキープランで赤く囲んだ部分の割付図になります。
破線で下地を書いてありますが、下地は別図を作成して寸法を入れます。

デッキ材の割付は

部屋の奥から割付け、端数で切断が必要なものは入口側にもっていきます。

置床 CAD

デッキ材 下地割付図

デッキ下地の根太鋼、支持脚(受けプレート)の割付を書きます。
割付ピッチはメーカー製品によって違うので、カタログを確認しましょう。

躯体やサッシからの逃げ、点検口やデッキの開口部分をチェックして記入します。

置床 下地

デッキ材 納まり

納まりは高さと端部を書けばOKです。
データ登録しておくと便利です。

デッキ 納まり図

デッキ材 点検口納まり

こちらの図面はW145のデッキ材3枚分の大きさでかいてありますが、特に指示がなければこれを基本データにして提出でいいと思います。
もちろん部材登録しておきましょう。

デッキ 点検口

そのほかの割付例

上で紹介したデッキ材の取付場所は狭く割付に困らないのですが、実際は広い部屋や長くて割付に悩むことも多いです。

デッキ材の割付は互い違いにしてそれぞれの割付を書きます。
コーナーになってる場合は詳細図を書くとわかりやすいです。

デッキ 割付

そのほかの納まり例

サッシ部分など欠き込みがある場合は平面詳細も書きましょう。

置床 納まり図

外デッキの場合は端部の納まりをちゃんと書きましょう。

デッキ材 割付図

まとめ

躯体がシンプルな場合は割付も納まりも楽ですが、サッシ取合はほぼありますのでそれぞれの取合を書きます。

割付で小さいサイズになり過ぎてしまったり、うまく割付出来ない時はお客さんに相談しましょう。
歩留まりを考えて、なるべく端材がでないように考えましょう。

データダウンロード

このページに掲載している図面データはダウンロード出来ます。
圧縮ファイル(ZIP)にJWW、DXF、PDFファイルが入っています。
(ページトップにあるダウンロードデータと同じです)


置床(デッキ) ダウンロード