タラップ

タラップの書き方

こんにちは、AKI(soho_cad)です。

最近はタラップを書かなくなったのですが、山ほど書いてきたので解説していきます。
今回のタラップは三洋工業(株)の「ラダール」という種類なのですが、現在は扱ってないみたいです。

近いのは「杉田エース」さんのタラップになります。

タラップの書き方は

  • 部材は組み合わせて長さを決める
  • 意匠図を見て全長を確認する
  • 納まり図を書く

これだけなのですが、長さも色々でガード付きの場合もあって、書くとちょっと大変と思うかもしれません。
なのでデータを作っておくことが大事なのです。

部材は組み合わせて長さを決める

私が以前書いてた「ラダール」のタラップの部材は次の通りでした。

アルミタラップの場合は
この「フラット部分」と「アタマ(TOP)」を組み合わせて長さを決めます。
全長が長いタラップの場合はパズルみたいでした。

タラップ 書き方

 

では実際書いてみましょう。

意匠図を見て全長を確認する

意匠図の「立面図」を見てみましたが、寸法は入っていませんでした。
三角スケールで実測した寸法を入れています。

タラップ 書き方

タラップ正面図、側面図

上の意匠図でチェックした寸法を参考に断面図を書きます。

GLからタラップ下端までの寸法を1番に確認してください。
意匠図を実測したら、その寸法以下になるようにします。

上部は笠木からの高さを実測し、それと同じかそれ以下にします。
この2点以内で部材がぴったりする全長を決めましょう。

赤丸で囲ってある部分です。

タラップ 断面

タラップ納まり図

躯体がRC、鉄骨の違い、取り付け方が違う場合がありますが、納まり形状は同じなので、基本図面を保存しておくとコピペで使えます。

タラップ 納まり

カゴ(ガード)付きタラップ 正面図、側面図

安全上、最近はカゴ(ガード)付きタラップが増えています。
基本は普通のタラップと同じですが、カゴの割付も必要になります。
寸法線のレイアウトを見やすくしましょう。

タラップ カゴ付き ガード 断面

カゴ(ガード)付きタラップ 納まり図

こちらも通常のタラップにカゴを加えた納まりになります。
1回書いたらデータとして保存しておきましょう。

タラップ カゴ付き 納まり

まとめ

タラップは梯子のピッチもブラケットピッチも決まっているので、高さと取付方法が決まれば、あとは書きやすいと思います。

通り芯からの位置もしっかり入れましょう。

この記事に使用した図面は
CADデータでダウンロード出来ます(JWW、DXF、PDF)


タラップ ダウンロード