Q&A

Q&A:レイヤー分けの仕方

こんにちは、AKI(soho_cad)です。

Q&Aコーナーが始まりました。
今回は

こちらのブログで書かれた幕板などの金物施工図をダウンロードさせて頂きトレースしているのですが、どのようにしてレイヤー分けを行っているが教えていただけますでしょうか。

という質問への回答になります。

レイヤーとは

レイヤーとは、層、階層、層にする、層をなす、などの意味を持つ英単語。何かの構造や設計などが階層状になっているとき、それを構成する一つ一つの階層のことをレイヤーという。

引用:IT用語辞典 e-Words

 

CADでいうレイヤー(layer)は「画層」と言い、1枚の図面を複数のレイヤーで作図できるのです。

複数のレイヤーを使う理由は

  1. 縮尺の違う図を1枚におさめたい
  2. 複数の人数で書いているので、作業を分けて進めるため
  3. 訂正の時、削除や移動をピンポイントで操作したい

などの理由からになります。

金物施工図の場合は複数で書くことはあまりなく、内容も複雑ではないので、レイヤーを使う理由はほぼになります。

私の場合、基本となる縮尺を決めています。
この縮尺にした理由は

寸法や文字が重ならない

見やすい図面というのを第一に考えています。

私流の基本となるスケール(縮尺)はこちら↓に書いてあります。

金物施工図を書くとき大切なことこんにちは、AKI(soho_cad)です。 金物施工図を書く時、どこに気をつけたらいいか わからない時はどうしたらいいか書...

 

レイヤーの使い方

JW-CADの場合

JW-CADのレイヤーについてはこちらの動画がわかりやすいと思います。

FUTUREの場合

私が使ってる「FUTURE」のレイヤーはとてもシンプルです。

この図面は屋上の笠木と手摺付笠木の図面です。
レイヤー(画層)は

レイヤー名称 図名 縮尺
A1横 図枠 1/1
No2 納まり図 1/2
002 平面割付図 1/60

表の3つになります。
(普段はレイヤー名称 001,002としています)

A1横:図枠


普段は枠の下部に工事名称、設計、施工、図名、日付、縮尺、図番など入ったものを使います。

No2:納まり図

CADソフト「FUTURE」は一番下に現在書いている図面のレイヤー名称縮尺が表示されています。

平面割付図の合間に納まり図が入りそうな場合は、新たに1/2のレイヤーを作ってそこに書きます。
ごちゃごちゃにならないよう配置します。

002:平面割付図


平面割付図に納まり図を入れる場合は、納まり図を配置してから、見づらくなりそうなら通り芯などの線を消します。

作図例1:EXP.J

 

屋根EXP.Jの納まりになります。
左側にS=1/10で
断面(意匠図をコピー+追記)
姿図(2D CADなので自作)
を置きました。

作図例2:ルーバー

左側に階段室の平面割付図 S=1/30

右側にコーナー部分と壁取り合いを1/3で書きました。

まとめ

縮尺の違いだけでなく、例えば幕板の修正が入りそうだけど構造は変更ない場合レイヤーを変えたり、私の場合は同じレイヤーで色を変えたりしています。

図面を見た人がわかりやすい図面を書くのが1番大事ですが、金物施工図は訂正ありきなので、その時に早く書き直しができるようレイヤーや色分けを考えて作図しましょう。

質問受付中

金物施工図に関しての質問を随時受け付けています。
ただしこのブログに掲載するというのを条件とさせていただきます。

質問がある方は「お問合せ」からお願いします。