金物施工図とは

施工図とは
建築工事を実際に行なうために、現場で必要とされる図面。工事の順序、細部の作り方などを重点的に表現する。

引用:精選版 日本国語大辞典

このサイトでは、施工図の中の「アルミ金物」に焦点を絞り、金物施工図の書き方についてわかりやすく解説していきます。

型材はアルミになりますが、曲物に関してはスチールやステンレスもほぼ同じになります。

金物施工図について

金物施工図ってあまり聞かないと思いますが、要は「建物の手すりだけ書く。」みたいな仕事です。

特に資格もいりませんが取り合いが屋根、外壁、内壁、床の全部に関わるので、建築に少しでも携わっていた方が入りやすい職種です。

昔はドラフター(製図板)でしたが、今はほとんどCADによる製図になります。
CADは使い方を覚えてしまえばどこのものでもだいたい同じです。
CADを覚えるというより、建築を覚えることが第一になります。
基本を覚える事プラス施工の人が見てわかる図面というのが施工図になります。

AI(人工知能)が進んでもなくならない仕事

例えば大きなビルの各階にあるサッシはメーカーさんで書きますが、中高層ビルや学校、病院、店舗などはそれぞれ内容が違うので施工図は外注になります。
物件ごとに違うので、今後AIが進化していっても金物施工図の仕事はなくならないでしょう。

急ぎが重なって徹夜になったり、逆に仕事が少なくて収入が不安定になったりしますが手に職です。
元気な限りは何歳までも書けます。
書いたら書いただけ収入になります。

今はCADもリースになり必要経費も少なくて済むので、数年かかって勉強しても確実な仕事と思います。